いざという時の心得

緊急の場合

たった今、主人が永眠いたしました。
急な事でこの後どうしたら良いかわかりません。

慌てる必要はありません。ご安心下さい。
まずはお電話にて、今後のご相談をいたします。

いざという時の心得

危篤になったら

お医者様から覚悟をしておくように言われました。今、何をしておけば良いでしょうか?

お葬式の段取りやご搬送、役所手続きに関しましては、弊社が責任を持って行いますので安心してご家族のご看病をされてください。ご連絡をいただければ24時間いつでも早急にご対応致します。

危篤の連絡について

近親者や親しい友人には、病状・事情を伝えておかれたほうが良いでしょう。菩提寺(檀家になっているお寺様)・神父、牧師様・神宮様などの儀式執行者には、状況を伝えておかれた方が後々スムーズですので、できる限り連絡をしておきましょう。

確認事項

以下の確認は早めにしておくのが良いでしょう。

宗旨・宗派の確認

逝去の連絡をしなければならない人(リストを作っておくと便利です)

ご遺体ご安置場所の確認(万が一の場合、担当スタッフがご自宅にお帰りになられるのか、他にご安置場所が必要かを確認いたします。ご自宅にお帰りが難しい場合は当方でご安置所を手配いたしますのでご相談下さい)

ご逝去に際して

家族が亡くなったらまず、どんな事をしなければならないのでしょうか?

ご搬送

まずしなければならないのは、病院・施設からご遺体を搬送する事です。ご連絡をいただければ24時間いつでもお迎えにあがりますのでご安心下さい。

※ご自宅でご逝去の場合

ご自宅でご逝去の場合、まずはかかりつけの医師にご連絡してください。その後弊社へのご連絡をお願い致します。死亡の診断を頂いた頃に、弊社専門スタッフがご自宅にお伺いいたします。

(独居での死亡・事件性が疑われる場合→警察署への連絡が必要です)

日程・会場など

お葬式の段取り・日程・会場についてはご搬送をさせていただいた後にご相談をさせて頂きます。慌てられる必要は全くございませんのでご安心してお任せ下さい。

株式会社セレモニーいけだ           TEL072-750-3345 FAX072-750-3355
〒563-0050 大阪府池田市新町1番4号1階               E-mail:info@cere-ikeda.com